よくわかる家族葬6サイト~柏市~

トップ > 柏市の家族葬業者情報 > 家族葬に必要になる費用について

家族葬に必要になる費用について

 高齢化に伴い葬儀に参列できる人があまりいなかったり、金銭面の問題やそもそも大規模な葬儀は望まないなど、ありとあらゆる理由から家族葬を選択する人は、年々増えています。
規模が小さい分、葬儀自体に必要となる費用も安くなるという特徴もありますが、実際に家族葬を選ぶとなれば、本当に必要となるトータル費用はいくらなのか気になるのではないでしょうか。
一口に家族葬といっても、必要となるトータル費用は葬儀の内容や葬儀業者によって変わってきます。
家族葬ならば、どこに依頼しても同じと考えてしまいがちですが業者による違いはかなり大きく、柏市にも数多くの葬儀業者があるからこそ、よく比較するためにも複数社から見積もりを取ってみて、内訳をよく見てから納得できる葬儀業者を選ぶようにするべきです。

 家族葬ならば必ず一般葬よりも金銭面の負担が減ると考えがちですが、忘れてはならないのが香典の存在です。
会葬者が減るということは香典も減るということであり、その分入ってくるお金も減るということは頭に置いておきましょう。
そもそも家族葬は香典は受け取らないものと考えている人もいますが、家族葬でも一般葬と同様に香典を受け取っても問題はありません。
香典返しをするのが大変と考えて悩んでしまいがちですが、その場合には即返しを行えば手間もかかりません。
即返しは、通夜や葬儀の当日に香典返しの品物を参列者に渡す方法であり、後々香典を返す手間は省くことができます。
家族葬でも通夜式や告別式もあるので、一般葬と内容に変わりはなく、規模や人数が違うだけと考えて置いて問題はないと言えます。

 葬儀そのものにかかる費用としては、葬儀社に支払う葬儀代などであり、搬送や通夜式、告別式にかかる費用や人件費、そして棺や祭壇などがこの費用になり、葬儀業者の見積もりに含まれているのは葬儀代のみということが多いです。
金銭面の負担として大きくなるのが飲食接待費であり、通夜振る舞いや返礼品の出費はかなり大きなものとなります。
一般葬となればかなり費用がかさんでしまう点となりますが、家族葬ならば通夜振る舞いや返礼品も無しで済んだり、あっても人数が少ないのでそれほど高額な出費にはなりません。
家族葬に必要となるトータル費用は、一般葬よりもリーズナブルということは確かですが、葬儀業者による違いも大きいということは頭に置いておき、よく比較してから選ぶことが大切になってきます。

次の記事へ